お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

お酒買取のコツ其の五:お酒の保管状況によって買取価格が変わる

お酒は物によってはすごくデリケートなものがあります。

 

日本酒とワインがその典型といえるでしょう。

 

このデリケートなお酒は適切に保管しなければ買取価格が大きく下がる原因となってしまいます。

 

それでは日本酒とワインの主な保管方法を確認してみましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

日本酒の保管方法

 

20度前後の直射日光の当たらない涼しいところ
湿度が低いところ
生酒・生貯蔵酒・吟醸酒は冷蔵庫(1〜8度)に入れる

 

注意していただきたいのが、

日本酒はほんと光に弱いです。

 

直射日光に数時間当たるだけで日本酒の色が変化します。

 

そして色の変化だけでなく劣化臭も発生します。

 

この日本酒の劣化臭を「びん香」といいます。

 

 

実は日本酒は直射日光だけでなく人口照明の光にも弱いのです。

 

これは紫外線がお酒に悪い影響を与えるそうです。

 

 

ですので、

透明のビンに入った日本酒は要注意です。

 

光にさらすとすぐにお酒が劣化していしまします。

 

しかし、
色付きのビン(茶色・緑色など)はすこし光に強いそうです。

 

ワインの保管方法

 

13〜15度の涼し場所に寝かせる
湿度が75%ぐらいで振動がない場所
直射日光が当たらず強い臭いを放つものがない場所

 

しっかり保存したい場合はやはりワインセラーは必須となってきます。

 

ポイントはヒータつきのワンセラーを準備すること。

 

1年中大体温度が14度・湿度70%の陽の光があたらず臭いもなく振動もない。

 

この様な保管状態がワインの理想的な保管状態となります。

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ