お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

ブランデーに賞味期限は無いって本当!?

ブランデーっていただく機会の多いお酒の一つですよね。

 

もしブランデーがお好きな方でしたら、
なおさらブランデーをいただく機会って多いですよね。

 

そしてブランデーってコレクションする方もいらっしゃいますよね。

 

しかしブランデーを貰ったのはいいが、
結局飲まないで押入れにしまってしまう。

 

ブランデーをコレクションしたのはいいが、
結局コレクションするのに飽きてしまい台所などにしまった。

 

そして数年後、押入れや台所を整頓または押入れや台所で何かを探していた時に、
偶然いつの物かわからないブランデーを発見したことありませんか?

 

昔のブランデーを発見した際、気なりませんか?

 

このブランデー古そうだけど大丈夫?

 

まだ飲めるかって?

 

ですがご安心ください。

 

このページではブランデーの消費期限についてご説明いたします。

 

スポンサードリンク

 

ブランデーの消費期限は結局いつまで?

 

結論から申しますと、ブランデーに消費期限はございません。

 

しかしブランデーに消費期限は無いと言っても、保存方法がキーポイントとなります。

 

ブランデーの保存方法ですがポイントが2つあります。

 

1.直射日光に当たらない涼しい場所に保管してあること。

 

2.確実に栓が閉められていること。

 

上記のポイント2つが、ブランデー消費期限のキーポイントとなります。

 

このポイント2つを守らないと、ブランデーの品質が劣化してしますのでご注意くださいませ。

 

ブランデーは寝かせると味がまろやかになると言うが・・・

 

ご存じだと思いますが、ブランデーは樽で数年間熟成させます。

 

熟成させる事で、香りや味に変化が出てきます。

 

しかし、押入れや台所でブランデーを長年保管していた場合はどうかと言いますと、
瓶に詰めた状態で保管しても味も香りも変化しません。

 

そして押入れや台所でブランデーを長年保管しても、
ブランデーの価値は上がりません。

 

価値が上がるのは樽で長年熟成させたブランデーになります。

 

もしブランデーがもはや必要ないのであれば、誰かにブランデーを差し上げるか、
ブランデーをお酒買取に出すかしたほうが押入れや台所が片付くのでいいのではないかと思います。

 

関連記事紹介

 

>>ブランデーとウイスキーの違い

 

>>ウイスキーの消費期限無いってホント!?

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ