お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

ブランデー原料・製造方法について

ブランデーはブランデーを作る原料や製造方法によって個性が変わってきます。

 

このページではそのブランデーに使われている原料、そして製造方法についてご説明したいと思います。

 

ブランデーの主な原料

 

ブランデーの主な原料は4つあります。

 

ブドウ・ブドウ搾り粕・リンゴ・サクランボ。

 

原材料別ブランデー名称
  • ブドウ=コニャック・アルマニャック
  • ブドウ縛り粕=グラッパ・マール
  • リンゴ=カルヴァドス
  • サクランボ=キルシュワッサー

その他にもブランデーは様々な果物を使って作られています。

 

ブランデー豆知識
果実を発酵そして蒸留して作るブランデーですが、もし果汁や糖分を加えてある場合、表示はブランデーでも分類はリキュールになります。

 

ブランデー製造方法

 

ブランデーは果実を原料として作られているのがわかりましたね。

 

果汁を使って作るブランデーですが、
どの様に製造しているのかご説明したいと思います。

 

発酵

 

果実を圧搾し、果汁を取り出す。

 

そして取り出した果汁を低温で発酵させる。

 

発酵の際、酵母の種類そして発酵の状態によりブランデーの風味や味わいが変わってくる。

 

蒸留

 

80度で気化したエタノールを冷して蒸留液にします。

 

蒸留は大きく分け3種類ある。

 

1.単式蒸留法

 

2.半連続式蒸留法

 

3.連続式蒸留法

 

連続式蒸留法が、1番エタノール精製精度が高いです。

 

しかし発酵した際の風味が完全になくなり。

 

水とエタノールだけになります。

 

熟成

 

蒸留したお酒を樽に詰め数年間熟成させます。

 

熟成させる際、何種類もの原酒を混ぜる事でブランデーに個性を出させます。

 

熟成させる事で、樽の香りがお酒に移ります。

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ