お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

意外と知らない、ブランデーとは

ブランデーって何のお酒か説明できますか?

 

ワインだったらぶどうのお酒。

 

ビールだったら麦のお酒と大体どなたでも説明できると思います。

 

しかしブランデーって名前はよく聞きますけど、
何を材料として作られたお酒か即答出来る方は少ないとおもいます。

 

そして中にはウイスキーとブランデーがごちゃごちゃになっている方もいらっしゃると思います。

 

ブランデーとウイスキーの違いはこちらの記事で紹介しています。

 

そんなよく名前は聞くけど、
実際あまり詳しくわからないブランデーについてご説明いたします。

 

スポンサードリンク

 

ブランデーそれはぶどうのお酒

 

そうなのです実はブランデーの正体はぶどうのお酒なのです。

 

「ワインもぶどうのお酒だけど、どう違うのよ」

 

と思われた方もいらっしゃったと思います。

 

そのワインとブランデーの違い。

 

それはズバリ製法の違いにあります。

 

ブランデーは先ほどぶどうのお酒とご説明いたしましたが、
実はぶどうだけではなく他の果物でも作られています。

 

例えば有名どころで言うと、りんご・さくらんぼなどがあります。

 

ブランデーの製法について

 

ブランデーとワインの製法の違いをご説明します。

 

同じぶどうを原材料にしたお酒ですが、
どのように製法が違うのでしょうか。

 

キーポイントになるのが蒸留という製法です。

 

まずワインの製法を簡単に説明すると、
ぶどうを発酵させることによってワインが出来上がります。

 

ブランデーはその発酵させたワインを加熱します。

 

加熱することで出たアルコールの蒸気を集めて冷却します。

 

この蒸気を集めるそして冷やす行為が蒸留と呼ばれる製法です。

 

冷やしで集められたアルコールを樽で熟成させます。

 

そしてブランデーが完成します。

 

ブランデーとワインは兄弟みたいなものなのですよね。

 

ブランデーのうんちく

 

なぜブランデーはブランデーと呼ばれているのでしょうか。

 

ブランデーの世界流通の起源はオランダの商人から始まりました。

 

オランダ人はブランデーの事をブランデウェインと呼んでいました。

 

ブランデウェインは焼いたワインと言う意味で、
そのブランデウェインがイギリスに渡りました。

 

イギリス人はこのブランデウェインを英語訛りに発音していました。

 

それが今のブランデーの語源の由来になります。

 

ブランデウェインではなくブランデーが世界のメジャーな呼び方になった。

 

やはり当時のイギリスの国力の強さ、影響力の強さを感じますね。

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ