お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

響 35年:買取価格紹介

響 35年の最高買取価格300,000円※運営者調べ

 

響 35年高価買取の理由は限定生産&根本的に値段が高い。

 

響 35年の販売価格は何と100万円。

 

そして生産本数は150本のみ。

 

販売価格100万円となると相当のお金持ちしか買えませんね。

 

なぜ響 35年販売価格が100万円するかと言うと、
容器に50万円+ウイスキーに50万円だからです。

 

容器とウイスキーが50万円ってすごいですね。

 

響 35年は山崎ウィスキー館で試飲ができます。

 

山崎ウィスキー館の詳細はこちら

 

しかしあの販売価格100万円からわかるように、

10mlでお値段1.8万円(税込み)。
※この画像が10mlです。

 

しかも試飲されるお客様は中国人の方が多いんだとか。

 

やはり今中国人の方はお金持ってますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

響 35年について

 

響きは言わずと知れたサントリーの最高級ブランド。

 

響 35年のボトルですが、
これは人間国宝の十四代 酒井田柿右衛門さんが作成した有田焼きになります。

 

 

十四代 酒井田柿右衛門さんとは

 

1982年、父の死を受け14代目を襲名。

 

翌年アメリカ合衆国で「クローズ・アップ・オブ・ジャパン・イン・サンフラシスコ」にて海外で初出品し、サンフランシスコ市長から名誉市民号を贈られた。

 

「14代目柿右衛門展」は国内だけでなく海外で高い評価を集めた。

 

2001年に重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定された。

 

また広く後進の育成にも力を入れ、大学で教えるほか、2011年にはJリーグの地元クラブ・サガン鳥栖のデザインアドバイザーにも就任した。

 

引用:Wikipedia

 

ですので響 35年はウイスキーのボトル自体にも非常に価値があるものになります。

 

肝心のウイスキーはと言いますと、
サントリーが熟成されている酒樽の中から35年〜46年もの熟成させたモルト原酒を使用。

 

その中から厳選されたモルト原酒と35年以上熟成させたグレーンウイスキーを丁寧にブレンドしたウイスキーになります。

 

 

味・香りの特長

 

トップノートには豪華な花束や熟した果実などの香りが甘く華やかに舞いあがり、
続いてエレガントなシェリー香、伽羅を想わせるウッディー香、バニラや蜂蜜を想わせる甘い香りが滾々と湧いていきます。

 

長期熟成モルトならではの豊富で複雑な芳香成分を余すことなく封じ込めるため、アルコール度数は四十五度としました。

 

口当たりは、重厚にして円やか。

 

甘酸の調和も快く厚み豊かなミディアムボディーの豪奢なコクをお楽しみ頂けます。

 

アフターテイストは澄みきって洗練された余韻が長く続きます。

 

※サントリー資料引用

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ