お酒を高く買取ってもらうコツって?

お酒って買取できるの知ってました?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ

ウイスキーのカロリーについて

やはりウイスキーを飲むにあたって気になるのカロリーですよね。

 

特に今ダイエットをされている方にとってはなおさらウイスキーのカロリーが気になりますよね。

 

そんなウイスキー好きの方にウイスキーのカロリーについてご紹介いたします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

他のお酒と比べるとウイスキーのカロリーは低い

 

ウィスキーのカロリーは一杯(30ml)で約70〜100kcalあります。

 

ウィスキーの特徴として、
ウイスキーのカロリーはウイスキーのアルコール度数と関係があるのです。

 

ウイスキーのカロリーはアルコール度数とイコールなのです。

 

ウイスキーカロリーの計算方法

 

摂取kcal= 飲む量(ml) × アルコール度数(%)× 0.8(比重) × 7kcal

 

 

なぜウイスキーのカロリーはアルコール度数とイコールかと言う、
それはウイスキーの製法に秘密があるのです。

 

 

お酒には3種類の製法があります。

 

醸造酒(ワイン、日本酒、ビールなど)
デンプンを糖化させアルコール発酵させる

 

混成酒(梅酒、薬用酒など)
醸造酒や蒸留酒に何かを加えたもの(例えば果汁、薬草など)

 

蒸留酒(ウイスキー、ブランデーなど)
お酒を蒸発させてエタノールるを集めて濃縮させる

 

 

ウイスキーは蒸留酒ですので糖質を全く含んでおりません。

 

糖質を含んでいないためカロリーが低いのです。

 

 

カロリーが低い他にウイスキーには良い効果がある

 

ポリフェノールが入っている

 

ウイスキーを作る時、

ウイスキーはオーク樽の中で長時間熟成させます。

 

その熟成させる工程でオーク樽の中のポリフェノールがウイスキーに移ります。

 

ポリフェノールの働きの1つに抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは身体の細胞を酸化(サビ)付かせるのを抑制させます。

 

この酸化予防の何がいいかと言いますと、
身体の酸化を予防することでアンチエイジングや生活習慣病予防に効果があるのです。

 

 

プリン体が含まれていない

 

プリン体は旨味成分です。

 

プリン体をたくさん摂取すると痛風の原因になります。

 

しかしウイスキーは蒸留製法(エタノールだけ取り出す)のため、
プリン体が含まれておらず痛風の心配がございません。

 

 

リラックス効果がある

 

ウイスキーには森林浴と同じ効果があるのです。

 

ウイスキーは長時間オーク樽で熟成されます。

 

その熟成されている間にオーク樽からの香り成分がウイスキーに移ります。

 

飲まないお酒ありませんか?

ご自宅に全く手を付けていないお酒ありませんか?
その飲まないお酒現金化できますよ!

お酒の出張買取はコチラ